zubori.com

米国株、ゲームや商品のレビューなど書いてます。

【ネタバレあり】ウィッチャー3(The Witcher3 Wild Hunt)の感想、レビュー

2018/03/10

ネタバレあり ウィッチャー3(The Witcher3 Wild Hunt)の感想、レビュー

バッドエンディングではありましたが、ウィッチャー3の本編をクリアしてみて、の感想を書いてみます。

 

大人の男がターゲットのゲームだと感じた

このウィッチャー3というゲームは、もう女子供を全くターゲットにせず、大人の男向けに作られたように感じました。主人公のゲラルトはオッサンなのに、鍛え上げられた肉体で、女にもモテるのです。私のようなオッサンにとっては、こうなりたいなぁという妄想体験ゲームとも言えます(笑)

出てくる女性も可愛いおしとやかなキャラではなく、ひとクセある大人の女性です。イェネファーがたまたま私のタイプだったのかもしれませんが、ああいう色気のあるキャラをゲラルトの恋人にしてくるのもオッサンを意識してますたぶん。

ストーリーも悪者を倒そう!という単純なものではなく、争う国々、宗教、魔術師などがどれも自分達が正しいと信じていて、そこを中立的な立場のゲラルトがどう選択するか、難しい場面がたくさんあるので、深みがあります。

世界中でかなりの評価を受けてウィッチャーシリーズは2500億円の売り上げだったかな。たぶん高評価をしているのはオッサンでしょう。

 

その他の良いところ

・人物のセリフが全て吹き替えで声優さんが喋るのは凄い。本気度が伝わってきます。

・人物のグラフィックがリアルで本当に素晴らしいです。これは日本のドラクエ、ゼルダがアニメ的なのとはもう別のベクトルに向かってますね。

・景色の美しさも、思わず見とれてしまうほどで、素晴らしいです。

・サブクエストもきちんとしたクオリティになっていて、おつかい感がありません。ドラクエ10なんてアレを5匹倒してこいだの、サブクエストはおつかい感凄いですから。

 

悪いところ

・エンディングに影響する選択がはっきりしていないので、一回のプレイではネットで調べながらやらないと厳しいところ。これは私の勘の鈍さからか、とても感じました。ドラクエはそういう選択についてはクドいほど、本当にそれでいいのかを聞いてきて考えさせますからね。

・メインストーリーをすすめると、会えなくなる人や、できなくなるクエスト、買えなくなるカードなどが、わかりにくい。これも上のと似てますね。

・操作感が、リアルを追求したために悪い。これはやっていてかなりイライラしました。馬の操作も、引っかかりまくるし、結局走っていったことも多いです(笑)

・なんだかんだで、同じギミックが多い。ウィッチャーの感覚を使ってさがす、〇〇についていく、など、結構同じやり方ですすめるものが多いので、最初は新鮮ですが、もっと色々なギミックがあったほうが良いかなーと感じました。

・戦闘が単調。これはかなり感じました。剣で攻撃して、たまに避けていると大体勝てます。これはゼルダやドラクエに比べると単調だと感じました。ゼルダは必ず新しい攻撃方法を覚えると、それを使って倒すボスが出てきて、ボス戦がかなり楽しいのですが、ボス戦が楽しいのはほとんどなかったです。ドラクエは色々な職業があるから楽しいですしね。ただ、ケィア・モルヘンの戦いは演出が凄くて違う形の盛り上げ方で凄かったです。

・レベル上げ、キャラ育成の楽しさがあまりない。基本的にはモンスターを倒しまくってレベル上げをするというのはなかったので、ここはストーリー重視にするために意図的になくしたように思いますが、別に剣で勝ててしまうから、あまりキャラ育成に楽しさはありませんでした。

 

総評

辛口になりますが、100点満点としたら60点くらいですかね私は。もっと楽しかったら、悩まずにグッドエンディングのために再プレイすると思いますが、今は乗り気じゃないですからね。

もし再プレイするなら、英語の勉強も兼ねて英語字幕&音声でやると思います。(そもそも設定できるのかな)

 

ではでは、ゲームが上手くないオッサンの、ウィッチャー3レビューでした。やっぱり私は日本のドラクエ、ゼルダのようなゲームが好きなんだなぁと実感したように思います。

 

ではー

もしよかったらクリックお願いします!励みになります!

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村

Twitterボタン

-感想 レビュー, ゲーム