zubori.com

米国株、ゲームや商品のレビューなど書いてます。

「Lucky Guy」 Todd Rundgren 何度聴いても飽きない曲

2018/03/30

私は「気に入った曲を何度も聴く」という人で、気に入った曲ばかり入れたプレイリスト(iPhone)を作ってそればかり聴き、なかでも好きな曲はリピートしてしまうというような感じです。英語を勉強していることもあると思いますが、繰り返し聴くプレイリストの曲は全部英語の曲にしてます(気休め程度ですね。たぶんあまり効果ないかと、、、)。

そんな中で私が何度聴いても飽きないなーと思う曲を書いてみます。それがTodd Rundgrenさんの「Lucky Guy」です。  Toddさんは、自分が宅録で音楽作っていたときにとても好きで全部のアルバムを研究するくらい聴いた人なのですが、他にも Hello it's me とか I saw the light とか Dream goes on forever などなど 代表曲とされる曲が沢山あるのですが、私が一番好きな曲は「Lucky Guy」で迷いなしです。 これが入っているアルバムは Hermit of Mink Hollow というアルバムなのですが、このアルバムでは Can we still be friends という曲とかのほうが何だか人気あるみたいな感じなのですが、私は初めてこのアルバムを聴いたときに、Lucky Guyがとても綺麗な曲だなーと一番好きに感じました。

Toddさんってソロの最初の頃はかなり生音をメインにしたメロディがきれいな曲が多かったのですが、途中から色々な実験的な音楽に取り組み始めて変人的な扱い(笑)をされることも多いのですが、このHermit of Mink Hollowというアルバムは原点回帰というか、Something/Anythimgの頃に戻ったような雰囲気があります。 Lucky Guyという曲も初期のToddさんを感じます。でも間奏をピアノだけにしないあたりはやはり変人っぷりが炸裂していますが、、、コード感といいますか、複雑なコード進行をとても当たり前に感じさせてしまう曲はToddさんならではだと思います。

なんだか興味ない人にはなんじゃいな!という記事になってしまいましたが、Lucky Guyとても良い曲なのでぜひ聴いてみてください!

ファーストのSomething/Anythingは名盤と言われてます。このファーストは全曲クオリティやばいです。☆5ってやるわToddさん。一人で演奏しているとはとても思えません! ↓

いまから明日の仕事の準備をせねば...

Twitterボタン

マネックス証券

私はマネックス証券で株取引してます。スマホのアプリが使いやすいと思います。

-感想 レビュー, 独り言