zubori.com

米国株、ゲームや商品のレビューなど書いてます。

NVIDIA決算前に株価下がったが、良い決算でまた上がった!

2018/03/10

NVIDIAの決算が11/9(日本時間は11/10)にありました。決算直前にかなり下がって205ドルくらいになりましたが、決算が予想を上回る好決算で決算後の昨日、また上がって高値を更新しました!

このようになりました。

買ったときの1.5倍の株価に到達。

損益は+40,000ドルを超えました。
今回から株の資産も税金を引いた額を記録することにしました。(税金は大きいですから)

決算前に立て続けにインテルの打倒NVIDIAを意識したニュースが重なってビビっていましたが、ひとまず一安心。
インテルのニュースとは、
・インテルとAMDが提携してAMDのGPUを搭載したCPUを作ると発表。
・インテルがAMDのGPU最高責任者を引き抜いたこと。

このニュースがNVIDIA決算の直前に出ました。インテルはかなり本気でNVIDIAを倒しにきていますね。

しかし、NVIDIAの決算は予想を上回るほどに良いもので、その結果NVIDIAの株主用のページにあるCFO CommentaryのPDFを見たら、配当金を7%増やしてくれると書いてありました。

私はグロース株(まだ成長途中の株価が大幅に上がる可能性のある会社の株)、とバリュー株(すでに成長した安定企業で配当金などが手厚い)の定義をきちんとは知らないです。(この言葉も最近知りました)

私が持っているNVIDIA、GOOGLE、Amazonは、成長途中のグロース株のようです。

そして成熟していて、いわゆる配当金が手厚い老舗企業の株をバリュー株というようらしいのですが、このバリュー株の代名詞のような存在であったGE(ジェネラル・エレクトロニック)が大きなマイナス決算で株価が落ちているようで、米国のバリュー株への投資が安全に資産を増やすことのできる最適解と言われていたそうですが、バリュー株でも分散投資する必要性があることと、グロース株への投資のほうが良いのでは!という方も出てきて見直されているようです。

素人的な考えを言うと、AmazonとかGoogleなんてグロース株でありながら、バリュー株のような安定性を持っていると思います。配当金はないけど。でも10年後にも必ず大きな存在だと思えるのがこの2社ですね。(Appleは今時価総額1位だけど、10年後はもう潰れているかも!新しい製品がことごとく魅力ないから)

NVIDIAはたしかにグロース株で暴落する可能性もあるのでしょうが、資産を大きく増やしたいという人にはとても可能性がある面白い株だと思います。AIによる自動運転が実現し始めて、NVIDIAのDRIVE PXがちゃんと搭載されたら、株価1000ドルとかあると思いますから。それまではかなりの競争があるでしょうし、自動運転は既得権益を持つ人々の抵抗もあるでしょうし、導入した最初は事故も多発してしまうでしょうが、かなりの速さで精度を上げて行き、人々の生活を大きく変えていくと思います。自動運転の前に様々なところでAIが我々の生活を変えながら、徐々に信頼を得ていくのでしょうし。

私も1億円くらい持っていたらバリュー株投資をして配当金生活をするかもしれませんが、今のところはAI関連で大きく成長しそうばグロース株を日々探しています!

あ、また色々と書いてしまいました。たまにこういう書きたいときあるのです。

とにかく、NVIDIA決算で株価が上がってひと安心しました。

今日はラストオブアスをやりたいと思います!

でーはー

米国株ランキングに登録してみました。お手数ですがクリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

Twitterボタン

マネックス証券

私はマネックス証券で株取引してます。スマホのアプリが使いやすいと思います。

-株 投資