zubori.com

米国株、ゲームや商品のレビューなど書いてます。

男として、言ってはいけないこと

2017/06/01

ハイスタの横山健さんとマギーさんのニュースをみてちょっと書きたくなったので。私が思うことを書いてみます。

今は不倫報道が凄いですよね。そんな中、コメンテーター気取りの男が不倫をした男のことを当たり前のように悪いと発言していたりします。

そんなときいつも思います。「男がそんなことを言ってしまうのか」と。好感度とかを上げたいのだろうか。男の浮気について肯定的なことを言うと好感度が下がるのであれば、もうどちらでもないスタンスをとるとか、曖昧にして笑いにするとかにしたら素敵なのに。

私は、結婚をした男が妻以外の女と関係を持つことについて、同じ男として悪いだなんて言えません。

ロックスターに何人もの彼女がいるのとか、大金持ちの成功者に愛人がいたり、それでいいと思っています。同じ男として、その人達のほうが魅力的だということを否定できないのだからだ。男はどこかでこういう感覚を持っていないとダメだと思う。

 

しかし、いまの世の中は、

イクメンが良いだの結婚するのは公務員の男が安定して良いだのそんなことを言う女性が多くなってしまった。これって男としては凄いヤバいことだと思います。

家事を手伝う男が良くないと言っているのではなくて、「俺が稼いでくるから妻には家で子供と一緒の時間を過ごして欲しい」という男のほうが世の中として考えたときには良いと思うのだ。これは私の父親の影響もある。親父は高卒の外車のセールスマンだったが、営業成績は凄くて収入は良かった。だから俺の母親には「パートはしないでいいからな!」と良く言っていた。俺が大学を出たくらいに、子供が自立したってことで母親がパートを始めたのだが、それまで親父一人の稼ぎで十分だったのでカッコイイと思っていたので、その記憶もあるのだろう。

共働きでもいいと思うし、家事を手伝うのもいいのだけれど、たとえ今が貧困な状態であっても、男はどうにかそこから抜け出そうともがいていなきゃダメだと思うのです。その活力に背景には女性とか子供があるように思う。

あと公務員の給料が民間よりいいなんて国はギリシャのようになってしまうと思います。民間で自由に生きて勝負できるほうがいいに決まってんじゃん!って思える世の中がまともだと思う。

 

ローリングストーンズのミックジャガーとかロンウッドとか、老人といえる年齢になってもお洒落をして、若い女と恋愛をして、さらに子供をつくったりしている。

そういう男が世の中を変えてきたし、そういう人がいる世の中がまともだと思う。男がおとなしくなったらそりゃ不景気にもなる。これは自分に対しても戒めのために書いている。

好感度が下がるとわかっていながら男の浮気を肯定して生きている人がいる。

ビートたけしさん。ブラマヨのお二人。こういう方がいることは男としてうれしい。こういう人のほうが奥さんのことをハートの面で一番だとわかっているように思う。たしかブラマヨさんが若い女と浮気について、男の浮気は惚れていないから許されるのだと言っていた。「AVを観る」のと一緒なんだと。これって心では若いお姉ちゃんが奥さんに絶対勝てないと言っているように思う。

男が女性を得るために発揮するパワーはとてつもないですから。本当これは真実だと思う。すごいがんばるからw

聞いた話だけど、男だけの20人くらいの組織に一人可愛い事務の女の子を入れると、成績がグンと良くなるらしい。そんなもんだ。

モラルを理由に人を批判するのがとても流行っているけど、つまらない男ばかりになって不景気になって、退屈して困るのは女性なんじゃないかな。

ShouldやMustばかりの世の中は息がつまる。WantやLikeで行動することの素晴らしさを忘れてはいけない。

では

Twitterボタン

-感想 レビュー, 独り言