zubori.com

米国株、ゲームや商品のレビューなど書いてます。

ドラクエの音楽はいつまで「すぎやまこういち」先生でいけるか

2017/06/01

ドラクエを1からプレイしてきた私にとって、その魅力にかなり影響を与えているといえるのが「すぎやまこういち」さんの音楽です。私はドラクエ1から5くらいまではオーケストラによるCDも購入するくらいすぎやまこういちさんのドラクエ音楽が好きです

しかし先日、ドラクエ10提案広場(プレイヤーが提案する掲示板)で、「最近のドラクエ10は今までの音楽の使いまわしばかりなので、新しい音楽を追加してください。すぎやまこういちさんでなくてもよいです。」というような提案でした。これを見て私は寂しい気もしましたが、なんで最近のVer3がここまでスカスカに感じたのかな、新曲がなかったのもあるなーと気づかされました。Ver3で炎の領界、氷の領界と新しい場所を冒険しましたが、新しい音楽はありませんでした。。。  やっぱり、新しいVerとしてお金を出して追加ディスクを買ったわけですからね。。。 新しい音楽はあったほうが良かったですよね!

 

すぎやまこういち先生はもう85歳。 先日、若い人にしか凄い曲を作れない気がする という記事にも書いたのですが、またドラクエ1のときのような衝撃的な音楽が作られることはもうないのも事実としてあると思います。8まではすぎやま先生節がまだ健在と感じられる新曲もありましたが、9、10の音楽はそれほど凄い曲はありませんでした。(カミハルミムイの和テイスト、落葉の草原の悲しみっぽい曲など好きな曲はあることはありますが...)

そう考えると、もしすぎやま先生が認めた若い才能の方がいたら、ドラクエ10のVer4あたりからその方が作った曲でも新しい曲があったほうが良いかもしれないです。すぎやま先生テイストだけじゃなくなってしまうのは寂しいですが、85歳ということを考えてオーディションでもいいし、クラシカルでそして親しみやすいすぎやま先生のような曲が作れる若い方を捜し始める頃なのかもしれないですね。

音楽以外の部分を見ると、よーすぴさんがプロデューサーでりっきーがディレクターで大勢の方でシナリオやらなにやら、堀井さんがメインでやっていたドラクエ初期作品とは違くなっているわけですし。(10にも堀井さんなるべく関わって欲しいです!)

キャラクターデザインだけは、鳥山明さんはまだ61歳ですし、原画を書いてくれればアシスタントとかの人が実際には書いていそうな感じなのでまだまだいけそうですかね。

つぎのドラクエ11が最後のすぎやま先生の新曲によるドラクエになるかもしれない。。。 心してプレイしなくては!

私がドラクエで一番好きな曲はドラクエ1の「街の人々」です。クラシックなのに眠くならない面白さがあるというかキラキラしているのです。すぎやま先生が凄いときの曲は。ローマの休日のような素敵な街並みを想像しますこの曲は。

ダンジョンから戦闘曲まで捨て曲まったくなしです。この頃のすぎやま先生!

4の王宮のメヌエットも好きです。
DQ4CD

ではでは

Twitterボタン

マネックス証券

私はマネックス証券で株取引してます。スマホのアプリが使いやすいと思います。

-ゲーム