zubori.com

米国株、ゲームや商品のレビューなど書いてます。

TOEIC900点まであと35点

2018/05/05

3年前に受けたTOEICの点数865。900点をとるのが自分の目標なので、そろそろまたTOEIC受けようと思っています。

toeic

最近、TOEICのシステムが変わったらしいし、このところドラクエ10ばかりやっていたので、そろそろまた毎日英語を読んで聞いて話しての生活をして取り戻さないとなーと思っています。私がTOEICを受け始めたきっかけは、外資系の会社に勤めていたとき、日本の支社長が日本人からアメリカ人に代わって社内が英語ばっかりになったときからです。

その頃私は会社のWeb販売関係の担当で本社にいたせいか、社長のすぐそばの机で良く英語で話しかけられてタジタジだったのを覚えています。私は英語へたでしたが、そんな社長との会話が楽しくてダメダメ英語でも大きな声で話して、会社の帰国子女の女性とかにかなり笑われていました。そんな状況でも日本人特有のシャイというものを発動していてダンマリを決め込んでいた会社の先輩や上司は、ホント怖いくらいかるーく降格させられたり遠くに異動させられました(飛ばされました)。それで自主退職を促します。おそるべしアメリカ人。

私は英語が下手でも日常会話だけでなく仕事での自分のやりたいことを英語で話してみたり企画書にしてみたり、メールに英語で返信してみたり、などをしていたからか、昇格したり給料を上げてもらったりすることができました。

アメリカの会社と電話でミーティングを早朝にやることがあって、こちらは私と英語話せる女性と二人の予定だったのですが、その女性が遅刻して来なかったときはホント大変でした。電話だからジェスチャーもできないし、脇汗がやばかった。でもそのときに企画が通って凄く嬉しかったのを良く覚えています。でも普段英語を使う環境にいると凄くモチベーション上がるし良いと思います。その頃最初に受けたTOEICが670点くらいだったのですが、そこから865点まで上がったのですからね。

今は外資系ではない会社にいるので英語モチベ下がり気味な私ですが、じみーに続けていることをいくつか紹介します。

1. 日本のニュースが英語で書かれたサイトを見る
これは、News on Japan というサイトでほぼ毎日続けられています。読みやすい短い見出しなのでトップ画面を読むだけですが、わからない単語とかは調べて読んでいます。もし気楽に毎日少しだけでも英語に触れたいという方にはおすすめです。

2. 海外ドラマ、映画を英語のみで見る(その後、英語音声英語字幕 → 英語音声日本語字幕)
OCのDVDボックスから始めて、アーノルド坊やに人気者のDVDボックス、デスノートDVDボックスとやりまして、いまはBLACKLISTという海外ドラマでやっています。その中でとてもコミカルで最初にやるのにいいと思うのは、「アーノルド坊やに人気者」です。黒人兄弟の子供がお金持ちの白人家族で生活するコメディなのですが、子どもがとにかく面白いし笑えるのですが取り上げるテーマも実は凄く深かったりするので、ひじょーにおすすめです。 そしてこの、「アーノルド坊やに人気者」は吹き替えがとても面白いので4回楽しめますよー。

デスノートDVDボックス北米版、BLACKLISTのDVDボックスについてはまた今度書こうと思います。

3. ゲームを英語版でやる(その後、日本語版でやる)
これは先日書いたLife is strangeのWindows版(Steam)がとてもおすすめです。英語と日本語を選んで切り替えできるように無料でパッチが提供されるという神対応のスクエニに感謝です。英語勉強とかしていないーという方もおすすめのスゴイ楽しいゲームです。本当に映画みたいです。

Farcry3というゲームも英語でやったけど、やっぱFPSは私には合わないみたいで断念しております。。。

ではまた

Twitterボタン

マネックス証券

私はマネックス証券で株取引してます。スマホのアプリが使いやすいと思います。

-独り言