zubori.com

米国株、ゲームや商品のレビューなど書いてます。

ブラッドボーンをクリアした感想・レビュー 「まともであることの、なんとくだらないことか」

ブラッドボーンを一通りクリアしたので感想を書いてみます。

本編のラスボスまでと、DLCのラスボスまでを1周だけクリアです。

聖杯ダンジョンは一切やっておりません。トロフィーもコンプリートしていません。そんな状況の人が書いた感想だと思っていただければ幸いです。

ぶっとんだ世界観 左回りの変態って何?

私にとって初のフロムゲーがこのブラボでした。もう40を過ぎたオッサンなので、プレイする前は難易度の心配ばかりしていました。反射神経の問題で全然敵を倒せないんじゃないか、と。

しかし、そんなことよりも私が衝撃を受けたのがこのゲームの「ぶっとんだ世界観」でした。

始まりから全然わけがわからないのです。

何でヤーナムに来て血の医療を受けたのか?

何で狩りをするのか?

正直本編とDLCをクリアした今でも、「ぼんやり」としかわかっていません。この「ぼんやり」とした理解も検討違いかもしれません!笑

でも、この感じが悪くないのです。むしろ良いといったほうがいいのです。

わかりやすい「勧善懲悪」ではないのが、逆に冷めないのですかね。

出てくるキャラも狂ったヤツばかりです。みんなウヒヒヒ言ってます。

まともであることの、なんとくだらないことか」というのが、狂気の止血というアイテムの説明に書かれていますが、こういうセンスで貫かれているのです。

全然わからない感じですすんでいくのに、テンションが下がらずに続けられるのは、このセンスで描かれた驚くような描写というか、魅力的なキャラ・セリフがどんどん出てくるからだと思います。

人の狂気とか欲とか、そういうモノが抜群の世界観・ストーリーで描かれているのだと思います。理解するというよりも感じるというのかな。

ブラッドボーンの考察をネットで検索するとたくさん出てきて、クリア後に読むととても面白いです。聖職者が何で獣になったのか?医療協会が行っている人体実験とは?ゲールマンは一体何者なのか?とか。

ストーリーをよくわかっていなくても楽しいゲームってよく考えたらすごいですよね。

難易度は理不尽なものか?

たしかにこれまでのゲームでは経験したことがないほど強いボスはいました。

なので、難しいゲームなのは確かです。でもそこが楽しいと感じたところでもあるのです。

私にとってブラボで一番死んだのは、DLCのボス、「ゴースの遺子」でした。

同じボスを何時間やってんだ?というくらい殺されました。

でも今クリアしてみて、どの戦いが一番楽しかったかというと、「ゴースの遺子」なんです。不思議なものです。これがフロムマジックなのですかね。

死んだ回数と楽しかった度が一致している気がします。

一位 ゴースの遺子

二位 時計塔のマリア

三位 殉教者ローゲリウス

これが私の死んだ回数トップ3ですが、楽しかった度もこの順位だったような気がします。(初代教区長ローレンスもローゲリウスと同じくらい死んで楽しかったです)

敵の行動パターンを把握する、攻撃するスキがどこなのかを探る、最適な武器をアレコレ試す、そういう「ゲームの当たり前なことの楽しさ」がそこにはあって、子供の頃ファミコンで遊んでいた感覚を思い出しました。

全然理不尽じゃない難易度です!むしろこれくらいの難易度だから倒したときの達成感がすごいのだと思います。

他のゲームで一般的になりつつある色んな遊び要素が全然ないのもいいです。メインの戦闘が楽しければ、他の遊び要素(カジノ、おつかいクエスト、サブゲーム)っていらないような気がしてきました。

戦闘が楽しいと感じるためには、色んな細かいことがなされていると思います。敵(ボス)の難易度だけでなく、攻撃モーションの細かい工夫(音やグラフィック)、ステップなどの回避の気持ちよさ、そして当たり判定の絶妙な感じ。

私はあの「内臓攻撃」がとれた時の感じが快感すぎてたまりませんでした。音・グラフィックだけでなく、内臓攻撃ができるまでの難易度(パリイ、背面からの強攻撃)も絶妙だと思いました。

すっかりフロム好きオジサンに

任天堂やドラクエとは違う体験をプレイヤーに感じさせることで世界規模でファンをどんどん増やしているフロムソフトウェア、さすがですね。

私にとっては、任天堂のゼルダやドラクエと並びました、ブラッドボーンは。それほど面白いゲームでした。最近ではニーア・オートマタとブラッドボーンは抜けて面白かったですね。

非日常のコワーい世界でヒリヒリしたい方はぜひブラッドボーンをやってみることをおすすめします!

DLCのクオリティがかなり高いので、本編だけでなくDLCもやったほうがいいです!

ブラボですっかりフロム好きオジサンになってしまったので、Sekiroやダークソウル3にも挑戦しようと思っています。

40代でゲームをやっているというのを書くのをちょっと躊躇するようなニュース(ドラクエ10廃人だった熊澤英一郎の事件)などが多い昨今ですが、このことについてはちょっと思っていることがあるので、今週中に書きます!

ゴースの遺子
時計塔のマリア
殉教者ローゲリウス

ブログランキングに参加中。どちらかクリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

Twitterボタン

-感想 レビュー, ゲーム