zubori.com

米国株、ゲームや商品のレビューなど書いてます。

虎ノ門ニュースでKAZUYAの青山繫晴動画について取りあげていて好感を持ちました

今朝、通勤中に虎ノ門ニュースをユーチューブライブで観ていました(ほぼ聴いているだけですが)。百田直樹さんとKAZUYAさんが出演していたので、「もしかしたらKAZUYAさんの青山繫晴さんについての動画」の件を取り上げるかも!という少しの期待を抱きつつ観ていました。

KAZUYAさんが青山繫晴さんについて疑問を投げかけた動画こちらです↓

この動画については色々な解釈や批判などがあったようで、それには「百田直樹が言わせた」とかそんなのもあったようです。

今朝の虎ノ門ニュースはこちらです↓(この件については1時間7分くらいから取り扱っています)

百田氏とKAZUYA氏が両方いる場で、番組内で青山繫晴氏と名前もきちんと言って取り上げたのはとても良かったと思いました。

今朝の虎ノ門ニュースでは、KAZUYAさんが自分の意思で作成した動画だとしっかり発言されていました。

信用できない話をしていると大切な部分の話まで信用されなくなる、というのが趣旨ということで、このようなことが抹殺されないのは良いと感じました。

問題のある人にはきちんと批判をする、というのがきちんとしていないと、大手メディアとなんら変わらない立ち位置になってしまいますからね。

昨日の青山氏の出演時には何の発言もなかったのかもしれませんが、来週これについて何らかの発言して欲しいところです。

KAZUYA氏は、「本人に直接言え」という批判が多かったと述べていました。面識がなくスタッフさんに間に入ってもらうとその人がどういう考えかわからないこと等からユーチューブ動画にしたと。

私はこの方法はとても良かったと思います。個人の時代になってきたのを感じます。

もしスタッフを介して本人に直接言ったら青山氏につぶされてしまったかもしれないし、スタッフが違う趣旨で青山氏に伝えてしまって変な事態になってしまったかもしれません。

ユーチューブで、青山さんの功績がすごいきちんと言ってから、オカルト的な発言などはまずいのでは?と動画で疑問を投げかけたのはとてもよかったと思います。

個人の時代になってきていますね。個人がコンテンツを持ってきているというのは、非常に大切な変化だと思うし、今後加速していくといくと思います。

ユーチューバーに対して批判的な人もまだ多くいるように感じます。「面白くない」とか「くだらない」とか批判する芸能人もいます。

でも私は、個人で企画から演者までやり、その後編集もしていて人気を得ているような人は、とてつもなく有能だと感じています。単純にすげーなと。

ユーチューバーでも色々な人がいるので、事務所所属とか個人でない人とかもいるとは思いますが、個人でやっててきちんと収益稼いでいる人は素直にすごいと思います。

ブログとかも同じような感じだと思うのです。個人のコンテンツですよね。

そういうのを持つことってとても大事だと思います。

とにかく、今朝の虎ノ門ニュースはとても好感の持てる感じでしたね。誰も損をしないように思うのです。百田氏もKAZUYA氏も好感度が上がりました。言えないことがあるような変な感じもなく、言うべきことを言った感じで良かった。ふざけがちな百田氏も真面目に発言していてよかった。

これで青山氏が「興奮してちょっと誇張しすぎた表現をしたこともあると思います。すいません。」と来週月曜にサラっと言えば青山氏も好感度上がると思いますしね。

もし気になる方はユーチューブ動画を見てみてください!

ブログランキングに参加中。どちらかクリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

Twitterボタン

-感想 レビュー