zubori.com

米国株、ゲームや商品のレビューなど書いてます。

「Don't get me wrong」The Pretenders 何度聞いても飽きない曲2 

2018/03/30

何度聴いても飽きないなーという曲、今日は Pretendersというバンドの「 Don't get me wrong 」 です。 高校2年生くらいに初めて聴いてから、かれこれ人生で一番回数聴いた洋楽の曲かもしれません。 このPretendersというバンドは、女性でギターボーカルのChrissie Hyndeさんによる独特な強くて繊細な歌声、素晴らしいソングライティング、そして何よりイギリスのロックの香りがとても感じられるのです。 「 brass in pocket 」とか「 chain gang 」とか名曲といわれる曲はたくさんありますが、その中でも私にとっては神曲なのが 「 Don't get me wrong 」 です。

 

 

Chrissie Hyndeさんのことを、日本の女性バンドのプリンセスプリンセスの奥居香さんも大好きと言っていましが、名曲「 Diamonds 」も、どこか「 Don't get me wrong 」の香りがします。 かなり意識をして作ったと勝手に想像してます。

 

 

かなり古くて恐縮ですが、パパはニュースキャスターという田村正和主演の超面白かったドラマの主題歌で、「 Oneway Generation 」という本田美奈子さんの名曲があるのですが、この曲はかなり「 Don't get me wrong 」を意識されていると思います。作曲は私が超天才と思っている筒美京平さんです(筒美さんについては今度ちゃんと書きます!)。

 

 

日本の音楽は、洋楽のエッセンスをわかりやすくポップな曲として再構築してしまうという独特な才能があると思います。オリジナリティという面ではたしかに全く海外の音楽にはかなわないと思います。でもでも、車でもそうだし食べ物もそうだけど、日本人ってオリジナルを超えてしまうような特殊な能力を持っていると思う。 海外の車を模倣していた日本の車でしたが、トヨタのプリウスとか軽自動車とか世界で一番の技術になっているし、ラーメンもカレーもオリジナルの国のものよりも凝りに凝って素晴らしいものにしてる。 Don't get me wrong からエッセンスをうまーく抜き出してDiamonds とか Oneway Generation のようなモノを作っちゃうのが日本人なのかも。

 

あ!話が完全にそれてしまいました。。。 そんな日本人がかなりのインパクトを受けたと思われる「 Don't get me wrong 」。かなりきます。 展開も素晴らしいし、ベース、リズムなどのアレンジも絶妙という、とにかく全てが奇跡的に合わさった凄い曲です。

そんな神曲が入ったPretendersのグレイテストヒッツ、一家に一枚です!

では

Twitterボタン

-感想 レビュー, 独り言