zubori.com

米国株、ゲームや商品のレビューなど書いてます。

マキシマムザホルモンは言葉の壁を越えている 霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔

2019/01/31

海外の歌は日本で洋楽なんて呼ばれ普及しています。でも逆に日本の歌は海外で普及していないのが現実としてあると思います。

それは歌のクオリティなのでしょうか。私の好きな日本のアーティストは世界で活躍して欲しいのですが、なかなか成功した人はいません。その理由は一番は言葉だと思います。やはり日本語の歌では世界で売れないというのがあるのでしょう。

今日書くのは、そんな言葉の壁を超えてるーと感じた日本の音楽のことです。 それはこちらのYoutubeです。 ↓

マキシマムザホルモンの「霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔」という曲を海外の女の子が口パクで歌っているという動画なのですが、コレ凄くないですか?? いったい何語なんだ!!というね。これはもう曲を作っているマキマムザ亮君語という感じです。天才だと思います。

初めてマキシマムザホルモンをちゃんと聞いたのは、先日書いたデスノートのDVDボックスで途中から主題歌が英語なのか日本語なのかわからない詩の曲になって、かっこいいなと思い良くクレジットをみたらマキシマムザホルモンでした。Youtubeでいろいろと聴いていたらこの動画にたどり着いて、マキシマムザホルモンが好きになりました。 そうしたら最近、こんな動画も発見しました。 ↓

フランスの5歳の女の子がヘッドバンキングしてます。かわいい。完全に言葉の壁越えてますよね。 マキマムザ亮君は日本のFat Mike(NOFX)というくらいに私は思っています。世界で売れて欲しいですマキシマムザホルモン。ただのラウドミュージックではないですから。本当にすごい音楽ってジャンルも超えてますよね。 そんなこんなで私のマキシマムザホルモンのおすすめを書きます。

maximum

「ぶっ生き返す」 一番初めに聴くならコレおすすめです。激しいのに凄い展開があってユーモアのある楽しいホルモンの音楽がここで完成したという凄いアルバムです。

「予襲復讐」 ホルモンにはまってきたら次コレ聴くとかなりキマス!

DVD 「デコVSデコ」 これはもう凄いコスパです。ライブからPVから普段の映像からぎっしり入っていて最高です。

「霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔」収録のアルバムはこちら。これはこの曲がすごい好き。ロッキンポ殺しというアルバム名の曲もかっこいい。

音楽は今後も書いていこうと思います。では!

Twitterボタン

-感想 レビュー