zubori.com

米国株、ゲームや商品のレビューなど書いてます。

貿易戦争はどのように収束するのか 中国の強さ

トランプが、中国が知的財産権の侵害をしていることへの制裁という理由で関税をかけることを決めました。このほか、Facebookの問題、金利上昇など本当に様々な要因が絡み合ったのだと思いますが、私の保有株NVIDIA、Amazonは昨日に引き続き大きく下がりました。


メイン口座のほうはかろうじてプラスですが、NISAのほうはNVIDIAがマイナス状態に入りました。

暴落のときは冷静に、落ち着いていようと思うので、自分の株価はこのへんにしときます。

中国の強さ 日本のふがいなさ

中国という国がアメリカの脅威になっていることを現実に思い知らされました。中国は自国でのIT企業テンセントや検索のヴァイドゥといった企業を国が守って成長させています。AIについても国が迷いなくお金を使っていて、アメリカに負けない先進技術を開発しようとしています。米国債も1.8兆ドル保有しているみたいなので、中国が報復に出たら本当に貿易戦争になります。

トランプが「知的財産権の侵害」と言っているのも、私はわからないでもないです。中国は自国でアメリカ企業が支配的にならないようにしているのですから。Googleとかにやられないようにしておいてヴァイドゥを保護して成長させる。中国ではGoogleだけでなくFacebookもYoutubeも制限されていると聞きます。
そのくせ、中国が自分の国の製品やサービスをアメリカに売りまくったり進出しているのは、よくアメリカは何も言わないよなーと思っていたのです。(今は少し事情が変わっていたらすいません)

日本にいると、Google、Facebook、Youtubeに完全に支配されちゃってて、自国の企業でここに勝てる企業なんてできるはずがないという感じになっちゃってますよね。私は前からずっと書いていますが、プラットホームを根元から握られることを平気でやられちゃっているのが日本なのです。検索エンジンやSNS、OSとかね。
日本とは全く違う姿勢で、そこに気づいていたのが中国であり、それがこんな時代がすすんだ今になってアメリカの急所になっているのだと思います。

AIについても日本はかなり遅れています。AIに迷いなくすすんでいる中国は、ITの時のようにアメリカに主導権を握らせない!という姿勢があります。

AIで遅れると、日本の現在誇れるとされているトヨタ、ホンダですら衰退してしまうと思います。自動車だけでなくほとんどあらゆることがAI化されていったときに、日本はどのような立ち位置にいるのだろうか。不安になる時があります。

先日のUberの自動運転車の事故についての日本の東洋経済オンラインの記事を読んだときに、「そりゃ日本はAIで遅れをとるよなー」と感じました。

「AI=悪」という視点で書いているのですから。事故じゃなくて事件だ!って。。。こういうメディアが書いたことを日本の高齢者が鵜呑みにしている構図がありますよね。

自動運転のテスト段階では、死亡事故は絶対に起こるだろうなというのは、私は思っていました。0にはできないと。それでもテストを続ける国が結局自動運転の技術では主導権を得ます。その意味で、中国は非常に怖いです。中国は死亡事故が起きてもテスト走行を続けるでしょう。
日本は「100%事故を起こさない自動運転車ができるまでテストを認めるべきじゃない!」なんてことを言っているのだから負けるに決まってます。
アメリカやヨーロッパの国々は、事故を検証し原因を解明して改善してテスト走行を続けるでしょう。

AIというのはとても危険な面を持っていますが、それによってもたらされる良い面が圧倒的に大きかったら、感情論だけでなくきちんと評価できる日本になって欲しいと思います。メディアとか政治家がそれをわかっていないと本当に日本は世界の中で相手にされない弱小国になっちゃう気がします。

トランプの発言では、日本は完全に軽んじられていましたね。「その他除外国には含まれない」という扱い。
アメリカと中国の貿易戦争がどのように収束するのかは、私にはまったく読めません。
中国は穏やかに終わらせようという姿勢のようですが、あのトランプのことだから荒れそう。。。

早く落ち着いて株価が戻って欲しいですが、長くなるという腹積もりでいようと思います。

急に、こんなことをふと書きたくなったので書いてみました。

では

米国株ランキングに登録してみました。お手数ですがクリックしていただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Twitterボタン

マネックス証券

私はマネックス証券で株取引してます。スマホのアプリが使いやすいと思います。

-株 投資