zubori.com

米国株、ゲームや商品のレビューなど書いてます。

今日のDQ10TVで強敵発表来てくれー

2017/06/01

今日はDQ10TVですね

正直、私のドラクエ10のフレンドさんでかなりやり込んでいる人達も、最近のドラクエ10にはやることがないということで、いったんお休みしまーすといって休止してます。

何か一緒にやりたいのあったら手紙くださいと。今日のニコ生のDQ10TVの内容次第で、そんな休止している人達が戻ってくるのでしょうか。

こんなことを書いている私も、日替わり討伐ですらやらなくなって、ウィッチャー3とか飲みに出かけている毎日です。

ドラクエ11に人手がとられて開発できないのか、リッキーのディレクションがまずいのか(学園は本当に最悪のコンテンツだった。アレ要らないから強敵出していれば)
プロデューサーのよーすぴが悪いのか。

私はなんとも言えませんが、ある時期から堀井雄二さんが11のほうに集中したのが大きいのかな。

そのくらいハマっていたので、今のスカスカ状態はさみしいものがありますね。毎日毎日、私は、ワクワクしながらドラクエ10をプレイしていましたし、これまでの人生においての1番のゲームといったら、私はドラクエ10と言うくらい楽しんでいたので、フェイドアウトしていく感じがあるのが悲しいですね。

でもスクエニが企業である以上、仕方ないことだと思うのです。利益が大きいものに人員が移っていくのは。そして、ドラクエの本丸と言える堀井雄二さんが11に集中するのも当然なのでしょう。

でもこれだけは言えます。MMOというものに、入っていったのはドラクエだからです。これまでの人生でドラクエをプレイして体験した素晴らしいものがあったからこそ、オンラインゲームでもドラクエ10をプレイしたのです。

そして、今でもその経験をして良かったと思っています。オンラインゲームというものが持つ可能性を感じることができました。リアルとは別の世界で様々な人と交差する経験は、未来を感じることができたといっても過言ではないでしょう。

ウィッチャー3をやっていて、ドラクエ10の凄さを再認識することも多いです。本当にイライラすることがないですからねドラクエ10は。これはドラクエシリーズ全てに貫かれています。普段ゲームをやらないような人でも楽しめるように作られています。これが堀井雄二さんの凄さだと思います。

ウィッチャー3はドラクエにはない凄さは確かに随所にあります。海外ゲームは別のベクトルでゲームの完成度を高めていっているのを感じます。リアリティという世界観ですね。映画やドラマのような世界に没入できるという方向に凄いすすんでいて、今は毎日少しずつでもウィッチャー3をやるのが楽しみな生活をしていますし。

でも、ドラクエがなければ、RPGを好きにならなかったでしょうし、オンラインで人と組む楽しさを経験することはなかったのです。本当良い人ばかりでしたドラクエ10の人達。おうえんとかね。

私は楽しそうなコンテンツがあったらドラクエ10やろうかなーという感じになってしまいましたが、あの時期(ドラクエ10が大盛り上がりしているVer1から2)にプレイできたことを本当に良かったと思っています。

今日のDQ10TVでは、新武器だけでなく強敵コンテンツの発表が来て欲しいですね。

長々と失礼しました!

ではー

Twitterボタン

-ゲーム